ヨガの瞑想入門オンライン講座

お知らせ

ヨガの瞑想入門オンライン講座です。ヨガの瞑想法を学ぶことで、心配や不安に惑わされないメンタルをつくり、ストレスを改善します。

全3回の講座でヨガの瞑想と心についての理解を深めます。講座内容は座学と瞑想の実習です。オンラインで行いますのでzoomが使用できる環境をご用意ください。

コロナウイルスの影響で、社会全体に深刻な不安が広がっています。このような中で、心の問題に取り組み、不安を取り除くことはとても重要な課題であるように思われます。ヨガの教えは少なくとも2000年以上の歴史があり、今日のような世界的な危機を幾度となく乗り越えてきました。この教えの特徴は、どんな状況であっても、自分自身の力で心の平安を作りだすことができるということです。これには才能や奇跡的な体験は必要ありません。瞑想のやり方についてよく理解し、練習さえすれば、誰でも実現することができます。

 

この講座の主な目的


☑ ヨガの瞑想法についての理解と実践
☑ 日常的に行う瞑想法について
☑ 不安や心配などの解消
☑ 雑念を止め、心の安定とリラックスした時間を増やす
☑ 集中力、考える力の強化

 

日程


6月16日(水)21:00~22:30 
6月23日(水)21:00~22:30
6月30日(水)21:00~22:30

※zoomを使用したオンラインクラスです。ご自宅などでご受講できます。講義と瞑想の実習がありますので、動きやすい服装でご参加ください。都合により全3回の参加ができない方は、録画した動画をご覧いただくことができます。また、動画はアーカイブとして後でご覧いただくこともできます。

 

参加費


10,000円

講座のお申し込みはこちらから

【教材】
『ヨガの教えと瞑想』のテキストと瞑想音源
※テキストはPDFをダウンロードしていただきます。印刷した冊子をお送りすることもできますので、必要な方は下記リンクから講座冊子(別途1,000円)も合わせてご購入ください。

冊子のご購入はこちらから

 

講座の内容

 

第1回 瞑想の基礎的理解とヨガの教え

・瞑想とは何か
・ヨガの心理学について
・思考を止める方法
・日常での実践の仕方
・嫌な思いから離れるときには

瞑想を始めるにあたって、自分の心の理解は欠かせません。心がどのような性質を持っているか深く理解することで、瞑想はやりやすくなります。また、自分の思考のクセや問題についても改善しやすくなります。

第2回 思考の使い方と心の苦しみの原因を知る

・どのような思考が心に問題を起こすか
・怒りや不安が起きる原因と対処
・思考の選択をする
・ヨガの瞑想法について

ヨガの瞑想法について、理論と実習を通して理解していきます。

第3回 瞑想を深める

・幸福についての理解
・瞑想の注意点
・瞑想を深める

より深い瞑想、心の静寂を得るための方法を学んでいきます。

 

全3回の講座で、瞑想の意味、やり方、心の性質など、今まで知れなかった多くの事を知ることができて、本当に勉強になりました。以前ヨーガスートラを読みましたが、イマイチ分からなかった事がクラスで理解できたので、もう一度読み直すことにします。ご飯を食べる事や眠る事と一緒で、瞑想が生活の中の当たり前の事になれたら最高だなぁと思いました。(Yさん)

全3回と短い間でしたが、瞑想についてご教授いただきありがとうございました。思考についてのことや純粋意識(アートマン)について学べたことがすごく良かったです。今回瞑想について学び、このタイミングで世の中がコロナで自粛になったことで、いかに自分の雑念で勝手に思考が動き、マイナスになり、疲れたりしていたかを本当に思い知りました。これからもっとプラクティスをして、瞑想をもっと身につけていきたいです。(Nさん)

 

現代人の顔に疲労の色が濃いのは、働きすぎというよりも考えすぎによるものです。働くことは、私たちに活力と場合によっては喜びさえ与えてくれるものですが、仕事に対する不安や他者に対する苛立ちや怒りがそれ以上に私たちの心に深刻な影を落としてしまいます。このように私たちを精神的に疲れさせてしまうのは、職場や学校の環境にすべての原因があるのではなく、あなた自身の心の問題でもあるのです。

例えば、体の休息は私たちの健康に必要なものです。もし深夜まで残業し、ほとんど睡眠時間が取れないとしたら、体はおかしくなってしまいます。ですから、少なくとも家に帰ったら数時間は自分のためのリラックスした時間を持つこと、そして7時間程度の睡眠を取ることは健康を維持するために必要であることが分かります。しかし、心についてはどうでしょうか? 体を十分休息させるように、あなたは自身の心を休ませているでしょうか? 心の動きは視覚的にとらえることができないので、私たちはどれだけ考え事をしても全く疲れないと思い込んでいます。しかし、脳の活動には多くのエネルギーが消費されています。脳の重さは体重の2%ほどにすぎませんが、1日に消費するエネルギーのおよそ20%を脳が使っているのです。ですから、体を動かすこと以上に、思考によって疲労が起きているのです。したがって、もし誰かがむやみに考え事をしていたら、私は次のようにお話しするでしょう。

「考え事をやめて今すぐあなたの心に休息を与えてください。思考のエネルギーを無駄遣いしないようにしてください。そして、あなたの人生にとって有益なことに対してだけ思考を使うように心がけてください。思考を使うべきこと、使う必要のないことをよく識別して、必要がない時は完全に止めておくようにしましょう」

それではこれから瞑想とヨガの心理学について学んでいきましょう。講座でお待ちしてます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました