ヨガの教えと瞑想

未分類

ヨガの教えをもとに、瞑想のやり方や日常的な心のとらえ方を解説しています。思考を止める方法や怒りが起きる原因を取り除く方法などをご紹介しています。心について理解を深め、瞑想を日常に取り入れるための入門書です。

目次


はじめに
01 瞑想とは何か
02 心とは何か
03 心についての理解
04思考の働きと問題
05 瞑想の実践
06 瞑想を深める
07『ヨーガ・スートラ』を読む
08 ヨガの幸福論
09心の幸福と問題点
10瞑想の至福
11瞑想の注意点
おわりに
瞑想の実践STEP1
瞑想の実践STEP2
瞑想の実践STEP3

はじめに

 本書は、これから瞑想を始めたいと思っている方や、実際にやってはみたけれど上手く瞑想できないといった方に向けて、瞑想の基本的なやり方、理論を紹介するものです。瞑想には、マントラを唱えたり、何かの像をイメージしたりと様々なものがありますが、本書ではヨガの教えをもとに、瞑想とは何か、瞑想にどのように取り組めば良いかについて解説していきたいと思います。また、長い時間座るための瞑想法ではなく、日常生活の中で実践しやすい瞑想法についてお話ししていきたいと思います。

 瞑想は単に目を閉じて座っていればよいというものではなく、理論をよく理解して実践する必要があります。ヨガの教えは、そのための非常に優れたテキストとなります。ヨガと言えば、現代ではエクササイズの一種として広く知られていますが、古くはそのようなポーズをとる運動ではありませんでした。ヨガの古い経典である『ヨーガ・スートラ』には、ポーズの話は一切出てきません。では何について書かれているかと言えば、心や瞑想についてなのです。

 ヨガについて、インドの聖者たちはよく「ヨガとは心の科学である」と表現しています。『ヨーガ・スートラ』を読むと、そこには確かにヨガの心理学と言えるような哲学的体系が存在しています。しかし、現代のヨガといえばポーズの練習が多く、そのようなヨガの教えを耳にすることはほとんどありません。では、本来ヨガは今行われているようなポーズの練習ではないにもかかわらず、なぜそのような認識が広まってしまったのでしょうか?

 その理由の一つは、方法や効果が分かりやすいものを好む現代人の傾向にあるでしょう。ヨガの実践的な面としてポーズを行うことは、体が変化することで効果が分かりやすいですし、なにより実践しやすいからです。しかし、ヨガの教えや瞑想はこの点がなかなか理解しづらいという問題があります。
「ヨガの教えは素晴らしいのかもしれませんが、実際何をすればよいのでしょう」
「瞑想をするために目を閉じて座ってはみたけど、その後どうすればいいかよくわかりません」
こういった疑問を持たれる方も少なくありません。

 このようなわけで、本書が目的としているのは、単にヨガの教えや瞑想を分かりやすく解説するということだけではなく、ヨガの教えや瞑想の実践的な面をご紹介することです。具体的な方法については瞑想の実践STEP1〜3に書きましたが、これは心についての実践的なトレーニングです。

 一つの例として、他人と比べることを完全にやめる、という実践があります。私たちは普段何気なく他人と比較して怒りや嫉妬、喜びなどの感情を起こしていますが、このような心の動きを完全に止めてしまうのです。こうして、他人と比較するということがなくなれば、考えている時間を大幅に減らすことができ、日常生活は非常に快適なものとなります。しかし、これは簡単なことではありません。気を抜くと、すぐに頭の中で他人との比較が始まってしまうからです。

 心は私たちの意志を全く尊重してはくれません。心とは言わば、好き勝手動き回る動物のようなものだからです。ひとたびそれを飼い慣らそうと思えば、大変な努力が必要となります。ブッダは『法句経』の中で、「戦場で百万人を相手に勝利をおさめるより、自分に勝利する人の方が優れている」と述べていますが、まさしくその通りだと思います。つまり、それほど心は扱いづらいものだからです。

 実際、心を自分の意志で支配するという課題に取り組んでみると、それがいかに困難なものか分かります。それは綺麗にヨガのポーズをとるより、はるかに難しい練習と熱意を必要とするでしょう。ですから、これは非常に具体的な実践を含んでいるのです。そして、この問題について真剣に取り組まなければ、私たち心に平安が訪れることはありません。

 それではこれから、『ヨーガ・スートラ』を紐解きながら、ヨガの教えと瞑想について学んでいきましょう。

コメント

  1. turkce より:

    I blog frequently and I seriously thank you for your information. This great article has really peaked my interest. I am going to take a note of your site and keep checking for new details about once per week. I opted in for your Feed as well. Elora Abe Kayne

タイトルとURLをコピーしました